全ては自分の選択だと気づくとき、とは

こんにちは、rinkoです。

最近コウノドリのドラマを見ては涙しています。

現代の産婦人科医療や周産期医療の知識も入ってきて、涙活と一石二鳥ですね。

涙活:意識的に泣くことでストレス解消を図る活動のこと。寺井広樹氏によって考案、提唱されました。

 

まあ、現代なんて、色々な情報が溢れています。

どのようなジャンルにしても、楽観論も悲観論も両方あったりします。

そして、「どのジャンルの情報を自分が入手するか」と

それに対する「楽観論と悲観論どちらの情報を入手するか」は、

実は情報を受け取る側の個人次第だったりするなと思います。

 

どんなに楽観論を読んだとしても、その読み手が悲観主義者であれば

「そんなの信じられない」となるわけですし。

 

・・・ん?分かりにくいですかね。

 

例えば、外国系の旅番組で

「おもてなし料理だよ!美味しいよ!」と言って現地の人が出してくれた

虫料理を

全くひるまず美味しいと信じられますか?目の前に出されたとしてすぐに食べられますか?

私は無理です(きっぱり)。そんなもんです。

 

ただそんな時に、

「あ、そうか。この人たちにとっては美味しいんだ。なら美味しいかも」

と思って一口食べてみるか、

「絶対無理!無理無理無理!!」

と頑なに拒否するか・・・

ね。情報の真偽ではなく、情報の受け手の選択によって、世界の見え方が違うのだと思いませんか?

ならこれを読んでくださったあなたは、どんな世界を、選択したいですか?

たまにはふと独り言ちてみた、筆者でした。

 

ワーママ必見イベント企画 参加中! あなたもぜひご参加ください。

石川県で【オリエンタルラジオ・中田敦彦講演会】を開催したい!【クラウドファンディング】

LINE@始めました。 【@acv8064z】で友だち追加してみてください。ご質問への対応などもこちらが素早くて便利です。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です