Androidスマホ/タブレットを見守りカメラにする【AtHome Camera/Athome Video Streamer】

アカツキです。こんにちは。

スマホが広く普及している昨今、スマホを新しくして古いスマホをWiFi環境でのみ使用する形で手元に残していたり、普段は使用しないタブレット端末等がご家庭にあったりする場合も多いのではないでしょうか。

このようなスマホやタブレットを、留守番中のペットや子供、別室で寝ている赤ちゃんを見守るためのカメラとして活用できるアプリがあります。

AtHome Camera / AtHome Video Streamer

今回ご紹介するアプリは2つあります。

モニター側の「AtHome Camera」、カメラ側の「AtHome Video Streamer」という構成になっています。

AtHome Video Streamer (カメラ側)

まずはカメラになる方のアプリです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ichano.athome.avs

これを普段使用していない方のスマホやタブレットにインストールし、見守りたい場所がカメラに映るように固定しておく形になります。

起動すると、以下のような画面になります。

後ほどモニター側のAtHome Cameraの方でカメラを認識するために、CID、ユーザ名、パスワードといった情報をメモして起きます。

QRコード生成するとQRコードが表示されますので、これをモニター側のスマホ/タブレットでスキャンするか、QRコードを含んだ画像(スクショ)を読み込むことでも認識可能です。

AtHome Camera (モニター側)

続いてモニター側のアプリです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ichano.athome.camera

これを手元のスマホにインストールして、カメラを遠隔で確認するという形になります。

起動すると、以下のような画面になります。

右上の「+」をタップすると、カメラの追加をすることができます。

ここでメモしておいたCID、ユーザ名、パスワード、QRコードなど、必要なものを使用して登録します。

ただし、なぜかローカルネット内検索による追加はカメラを発見できませんでした。

追加されたカメラの再生ボタンをタップすると、リアルタイムの映像を見れます。

カメラになっているスマホの機能にもよりますが、遠隔でカメラのライトをつけたり、スマホを通じて声掛けができたりします。

まとめ

今回は、普段使用していないスマホ/タブレットを見守りカメラとして使用できるようになる、「AtHome Video Streamer」、そのモニターとなる「AtHome Camera」をご紹介しました。

若干翻訳が怪しいところはありますが、見守りカメラとしての役割は十分にできていますので、満足しています。

今回は紹介しませんでしたが、パソコンでカメラをモニターするアプリもあるので、パソコンでの作業をしながら様子を見守ることも可能です。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。