ブログやWebサイトにタイムラインを埋め込む方法

アカツキです。こんにちは。

ご自身で管理されているホームページやブログサイトがあり、さらにTwitterで日々情報発信をされている場合、ホームページにタイムラインを表示させることでTwitterへの誘導ができ、Twitterで情報発信するだけで最新情報をホームページに表示することができます。

今回はこれを実現するための手順をご紹介します。

タイムラインを埋め込む手順

自分のツイートした内容一覧をWebページに埋め込む場合の手順です。

まずは自分のタイムラインのURLを確認します。

Twitterのプロフィールを表示させます。

図のように埋め込みたいタイムラインのアカウントが表示されている状態で、URL(ページアドレス)がタイムラインのURLとなります。

これをコピーしておきます。

次に、以下にアクセスします。

https://publish.twitter.com

以下のようなページが表示されると思います。

少し下にスクロールすると、以下のように埋め込みたいものを選択するところが現れます。

今回はタイムラインを埋め込みたいので、真ん中を選択します。

以下のようにURLを入力するダイアログが表示されるので、ここにコピーしておいたタイムラインのURLを入力して「Preview」を押します。

すると、以下のように埋め込みのイメージが表示されますので、赤枠にしめした「Copy Code」でコードをコピーし、Webページの任意の場所に貼り付けて完成です。

タイムラインが表示される幅や高さなどの設定を変えたい場合は「set customization options」という部分をクリックすると、オプションが設定できます。

適宜設定し、Updateをクリックしてから再度Copy Codeをクリックすることで、設定が反映されたコードをコピーできます。

まとめ

今回はホームページやブログサイトなどのWebページにTwitterのタイムラインを埋め込んで表示する方法をご紹介しました。

ホームページとTwitterの両方を更新する手間がなくなり、Twitterアカウントへの誘導もできるため、Twitterでの集客を主としている場合は非常に有用な方法だと思います。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。