いきみたい、を感覚的に分析してみた(出産③)

こんにちは、Lunar coacherryのrinkoです。陣痛ー出産の続き物、連続投稿になります。

いきみたい、を感情的に分析してみた(出産③)

破水後によく行われる、出産促進の「刺激」は、陣痛の痛みで苦しんでいようがいまいが、かなり強い刺激です。痛いです。

しかも、(筆者には効果抜群でしたが)促進効果は人によってばらつきがあるようです・・・あんなに痛いのに陣痛が進まないケースとか、そんなの聞くだけで涙出てきますよ・・・

「いきみたい」という欲求が出てきたら、お産が進んできた証拠だと言われます。

でも、「いきみたいってなに?」って、初産の時は思いました。

詳しい説明を求めても、助産師さんたちも「感覚的なものだから」とあまり詳しくは述べてくれません。

でも、分かったんです。「いきみたい」の感覚。

「絶対にこれが”いきみたい”だ!」と思いました。

お産が進んでいないうちの陣痛の痛みは、絞られる・こじ開けられる感覚です。痛む場所の中心は下腹部です。

ひたすら痛いです。いつ終わるのかが分からずメンタルがゴリゴリと削られていきます。

気休めであろうと「いつか終わる絶対終わるそう遠くないうちに終わる」と念じるといいと思います。

それが、お産が進んでくると、あるタイミングから(筆者の場合は子宮口6cmを過ぎたくらいから)痛む場所が少しオシリ側にズレました。

それがまた痛みが激しくなってしんどいのですが、それが回数を重ねるごとに、どんどん、おなかに力を入れたくなってくるのです。生理的に。

痛みをこらえたくておなかに力を入れるのではなく、陣痛がおなかの中の赤ちゃんを出す馬力になってくるタイミングがあるのです。

助産師さんも「ヒントはオシリが痛いと思いだしたとき」と言っていました。

いきみたい、の参考になれば幸いです。

メニューの詳細はこちらをどうぞ

こちらもおすすめ→【銀行業務検定】過去問題集を確実に手に入れるたった一つの方法

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です