Microsoft Edgeの新規タブを任意のページに変更する方法

アカツキです。こんにちは。

今回は思わぬところにつまづいたので、そこから得られた知見を記事にしておこうと思います。

ある日妻から、「Edgeの新規タブをYahooにしたい」という旨の相談を受けました。

「設定変えればすぐできるんじゃないかな?」と高をくくっていたのですが、そんな簡単な話ではなかったのです。

Microsoft Edgeの新規タブ

Microsoft Edge(以下Edge)のデフォルトですと、新規タブ(タブの+ボタン)を開くと以下のような画面になります。

設定を見てみると、新規タブの設定項目があるっぽいのでここから変えられるだろうと思ったのですが、どうやら任意ページには変えられなさそうな見た目をしています。

新規タブを任意ページに変更する方法

色々調べてみたところ、やはり標準の機能では新規タブを任意ページに変更できないようです。

そこで、拡張機能を利用します。

拡張機能のインストール

まずは拡張機能をインストールします。

下の画像のように拡張機能を開きます。

下の画像のような小窓が開くので、「Microsoft Edge Add-onsウェブサイトを開く」を選択します。

すると、Edgeアドオンというページが開きます。

今回は、「Custom New Tab URL」という拡張機能を使用します。

検索ボックスに「Custom New Tab URL」と入力して検索すると下の画像のようになるので、インストールを選択します。

インストールしようとすると、下の画像のように確認されますので、「拡張機能の追加」を選択します。

すると今度は「無効になりました」という不穏な表示がされます。

これは、使用者の意思ではない新規タブの変更を防止するための措置です。

拡張機能を開きます。

今度は拡張機能の管理を選択します。

拡張機能の管理画面が開くので、下の画像の通りCustom New Tab URLの有効化ボタンを押します。

すると、下の画像のようにボタンが追加で表示されます。

これで拡張機能のインストールと有効化ができました。

新規タブを任意ページに設定する

追加されたボタンを押すと、下の画像のようなメニューが出るので、「拡張機能のオプション」を選択します。

拡張機能の設定ページが開くので、「New Tab URL」にYahooのURL(https://www.yahoo.co.jp/)を入力し、Saveボタンを押します。(押せたか不安になりますが、何回かクリックしておけば大丈夫だと思います)

新規タブを開いてみましょう。Yahooが開いたと同時に下の画像のような注意が表示されます。

これも悪意のある変更からの防御機能なので、「変更の維持」を選択しておきます。

これで新規タブを任意ページに変更できました。

まとめ

今回はEdgeの新規タブを任意ページに変更する方法をご紹介しました。

標準機能では任意ページには変更できないため、拡張機能を利用して変更しました。

同様の機能を提供する別の拡張機能もあるので、お好きなものを利用して問題ないと思います。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です