微弱陣痛かどうか理解できましたか?(出産①)

こんにちは、Lunar coacherryのrinkoです。陣痛ー出産の続き物、連続投稿になります。

微弱陣痛かどうか理解できましたか?(出産①)

(まえの話は→陣痛当日は何をしていましたか?

銀行業務検定の試験が近づいてきているので、その情報もアップせねばと考えてはいるのですが、今年の作業量がなかなか多くてあっぷあっぷです。Todo管理のスキルアップも勉強せねばですね(←そんなことを考えるから作業量が増えるのです)

初産だと、陣痛だと思って産院に行っても、「微弱陣痛だからもう一度家に戻って様子を見てね」と言われることって多いと思います。

筆者もそうでした。

でも、ちゃんと「1時間に6回(10分に1回~)」の頻度になったのを確かめてから行きましたし、自分の中ではしっかり痛かったです。

実家に帰省していたので、少し早めに動いた方がいいかもしれないとは考えましたが、車の中でもちょっとしたゆれで痛くてしょぼしょぼ。

でも同席していた母は「まだ普通に喋れているから、微弱陣痛って言われるんじゃないかな」と一言(母は3人産んでいるからか結構冷静でした)。

実際、検査後ほぼ即断で「微弱陣痛だからもう一回家で様子見てくださいねー」と言われましたね。

実家から産院は車で一時間かかるので、しばらく帰っていなかった自宅(産院から25分)へ戻りました。

ここから1週間の長丁場になるケースもあると聞いたので、ダンナはカップスープやパンなど、簡単に摂れる食材を買い込んでくれました。

様子を見ること4時間。痛みが二段階くらい強くなったなと感じてもう一度産院に電話して行くことに。

「ん。待っとったよ」そう言って出迎えてくれた助産師さんは

天使に見えましたw

提供メニューの詳細はこちらをどうぞ

こちらもおすすめ→【銀行業務検定】過去問題集を確実に手に入れるたった一つの方法

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です