【銀行業務検定】過去問題集を確実に手に入れるたった一つの方法【2022年版】

友人とお菓子をつまみながら談笑していたら、娘が歌舞伎揚げだけ全て食べていきました。こんにちは、rinkoです。

さて、3月試験が終了した銀行業務検定ですが、金融業界ではもう6月試験のあっせんが来る時期でもあります。

資格取得の心構えでもお伝えしている通り、過去問を周回することは特に銀行業務検定全般において効率的です。というわけで過去問題集を入手したい。だけど会社で注文しそこなった!なんてことありますよね。筆者も前職の頃に書店を3つはしごしても全て置いてなかった、なんて経験があります。どうしよう。どこでなら買える?ただでさえ時間の少ない働くママは焦りますよね。

今回はそんなときでも安心、安全、確実に、どの銀行業務検定試験でも過去問題集が手に入る手段をお伝えいたします。

公式HPから注文する

銀行業務検定試験は、銀行業務検定協会が主催する試験です。

毎年、6月・10月・3月の3回試験が開催され、銀行を始めとする金融機関職員のスキルアップやキャリアアップの登竜門となっています。

残念ながら公的資格ではないのですが、銀行業務検定で着実に実力を伸ばしていけば公的資格であるFP検定に繋がります。

経済法令研究会から書籍注文が出来る

銀行業務検定協会とは同じグループの団体ですが、違うサイトになるので少し分かりにくいかもしれません。こちらは過去問題集は勿論、公式テキスト等も販売しており、一般書店に並ぶよりも早く最新のラインナップがそろいます(3月中旬時点で6月試験のテキスト等が注文可能ですが、一般書店への配本は3月下旬とのアナウンスがされています)。

ただし、年中テキストを販売しているわけではなく、試験の3日前などに頼もうと思っても注文できないという可能性が高いです。あくまでも勤務先などのあっせん時期を逃した・少しマイナーな試験を受けることにした、という場合には有効だとお考え下さい。

会員登録をすると、1,500円以上の注文をした場合に送料無料だそうなので、こちらからの注文を継続して行おうと考える場合は会員登録がおすすめです。

勿論、一般書店の店頭でも、某大規模ネット通販でも注文できる可能性はあります。

もし、受験する科目が受験者数の多いメジャーなものでしたら、そちらを使ってもいいかもしれません。

ただ、重ねてになりますが、少し受験者数が少なめかもしれない、と思う試験はこちらを使う方法が確実です(筆者は、自分の受験する科目の過去問題集だけが置いてなかった、なんて経験もあります)。

まとめ

さて、今回は銀行業務検定の過去問題を確実に手に入れるたった一つの方法について説明してきました。過去問題集を買うタイミングを逃しても、これで安心です。むしろ同僚より一足早く過去問題集を手に入れて合格への道を早めましょう。

Lunar coacherryは、仕事に育児に自分に励むママを、心の底から応援しています。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分に合った資格・天職を見つけたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。